日本

 

Do your Research

arrow低帯域で配信可能な、低コスト、 高解像度ビデオソリューション

概要

Avaya 1000 Seriesビデオ会議システムは、少人数のワークグループから大会議室の利用者まで、さまざまなユーザーのニーズに対応する、ピアツーピアまたは多地点間の低コ スト、低帯域の高解像度ビデオエンドポイント端末ソリューションです。LCD(液晶ディスプ レイ)1台またはデュアルディスプレイ、固定 フォーカスまたはオートフォーカス、内蔵MCU モデルかどうか、などお客様ニーズに合わせて選択できます。今あるネットワークを最大限活用し、高額な出張費支出を抑制しながら、フェースツーフェースのコミュニケーションを実 現し、離れた場所で勤務するメンバー間のプロジェクト遂行を強化することが可能です。

顧客メリット

アバイアのビデオエンドポイント端末は、日々のチームミーティングや緊急対応のビデオ会議機能を補完します。直感的で使いやすいインターフェースにより、電話通話と同じように ビデオを使ってコミュニケーションをとることができます。IT管理者は、SIPベースのオープンスタンダードなAvaya Aura™のインフラ、サード パーティ製アプリケーション、クライアントを活用し、管理を簡素化しながら、コスト削減も実現できます。

事業変革

コミュニケーションをより効果的に

  1. アドホックまたは定例、ピアツーピアまたは多地点間など、分散する作業チーム間で、時差や交通機関のマヒなどを考慮し、コミュニケーションやコラボレーションをとることができます。
  2. HDビデオと音声により、表情やジェスチャーを交えながらコミュニケーションを深めることができます。

ビデオ会議以上の価値を提供

  1. フレキシブルな導入オプション、配備パターンにより、ビデオ会議だけでなく、プロジェクト会議、ワークスペースの共有、トレーニング、デモなど、既存の投資をさらに活用できます。

生産性の向上

ユーザーエクスペリエンスを向上

  1. アプリケーション内、デバイス間を透過的に移動
  2. 共通プラットフォームでビデオ、音声通話を開始

決定時間を短縮

  1. 常時接続の複数の異なるデバイスからのコミュニケーションをサポートし、生産性を向上
  2. 通信履歴やPCの統合により、ミーティングをすばやく設定

カスタマーサービスサポートの向上

  1. 主要顧客とのコミュニケーション頻度や個人的つながりが向上
  2. サポートチームなどのスペシャリストと共に問題を迅速に解決

投資コストを最大化

  1. 集中配備と管理により、ユーザーの場所にとらわれない、グローバルなビデオアクセスが可能
  2. 社内の既存ビデオシステムとアバイアアプリケーションと相互接続可能なエンドポイント端末により、既存試算を最大限に活用可能

コストを削減

  1. 出張を抑制しながら、プロジェクト遂行を迅速化
  2. 価格競争力のあるエンドポイント端末導入コストを削減
  3. 低帯域の高解像度ビデオにより、既存ネットワークとサービスを活用

特色

強力なエンドツーエンドソリューション

  1. 1080p/720p HDビデオ、広帯域オーディオ通信
  2. シングルおよびデュアルディスプレイ構成
  3. 多地点通話が可能な内蔵MCUオプション

他のAvaya Aura™ビデオ対応製品との2地点間および多地点間会議

  1. Session Manager接続SIPエンドポイント端末:Avaya one-X® Communicator 6.0、 Avaya Desktop Video Device、Avaya Aura™ Conferencing 6.0
  2. Communication Manager接続H.323エンド ポイント端末:Avaya one-X® Communicator 5.2/6.0、Avaya one-X® Agent 2.0

シンプルなミーティング管理

  1. 統合ダイヤルプラン、状況に応じて変化す るユーザーインターフェース、一元化された ディレクトリ管理、コンテンツの共有

PolycomおよびTANDBERG(Cisco)ビデオ製品との相互運用性

  1. ビデオゲートキーパーおよびH.323ビデオシステム、MCU
  2. Polycom CMA 5000/4000:HDXおよびVSXビデオシステム、RMX 4000/2000 MCU
  3. TANDBERG VCS:Tandberg MXPおよびCビデオシステム、Codian MCU

多地点間会議のスケジュール設定および 自動MCUダイヤルアウトのサポート

  1. Polycom CMA5000/4000およびRMX 4000/2000 MCU
  2. TANDBERG TMSおよびCodian MCU

Avaya Video Conferencing Managerを使った集中ビデオ管理

  1. System Managerからアクセス可能
  2. ビデオ帯域幅の管理、運営、会議スケジュールの設定、リアルタイムの監視、イベントの通知、レポーティング

Avaya 1000 Seriesビデオ会議システムの仕様

Avaya 1000 Seriesで提供される5つの異なるエンドポイント端末は、デスクトップから大会議室まで、さまざまなユーザーのニーズに対応し、ソフト ウェアプラットフォームであるAvaya Video Conferencing Managerが完全なソリューション管理を実現します。


* 実際の解像度は、リモート側の性能によって異なり、通信チャネルの品質によって左右されます。
** HDTVスピーカーは未提供

Avaya Video Conferencing Manager

Avaya Video Conferencing Managerは、複数ベンダーのビデオ通信環境を全面的に管理できる、オールインワンのビデオ会議ソフトウェアプラットフォームです。

機能の一例は以下の通りです。

  1. シンプルで使いやすいダッシュボードから重要情報にアクセス
  2. Microsoft Exchangeと統合
  3. リアルタイム監視とアラームによる積極的な通知
  4. 完全なWebベースのスケジュール設定
  5. 自動コール設定
  6. 強力なオンデマンドまたは定期レポート
  7. 複数ベンダーのソフトウェアのリモートアップグレード


カタログPDFのダウンロード

Connect
with Avaya

お問い合わせ
Phone 購入 03-5575-8850
Email 購入のご相談


Local Contents

パートナー一覧| お問い合わせ情報| 購入の相談| 採用情報| リソースライブラリ| サイトマップ 利用規約| プライバシーの考え方| 個人情報保護方針 © 2009-2013 Avaya Inc.
日本アバイア株式会社 東京都港区赤坂2丁目17-7  赤坂溜池タワー 2F & 3F